グルコサミン 糖尿病

グルコサミンを摂取すると危険?糖尿病とグルコサミンの関係性

グルコサミンは安全性の高い成分なので、医師から指示などを受けたりしなくても、サプリメントから手軽に摂取することができます。薬ではなく栄養補助の役割をしているということですね。

しかし、場合によってはグルコサミンを摂ったことが原因で体に悪影響を及ぼすことがあります。そこに大きく関わっているのが「糖尿病」です。

糖尿病は血糖値が上がる病気ですが、実はグルコサミンには血糖値を上げる作用があることが多くの論文によって言われているのです。

グルコサミンを摂取するとグルコサミンの成分が血液中に流れていくので、結果として血糖値が上がってしまうのです。そのため、糖尿病の場合はグルコサミンの摂取を避けるべきとされています。

ですが、すべての糖尿病患者さんがグルコサミンを摂ってはいけない、というわけではありません。

血糖値をコントロールできるのであればグルコサミンを摂っても良い、と論文では言われていますし、グルコサミンの1日あたりの摂取量を超えない程度であれば、糖尿病である場合でも問題はないとされています。

糖尿病の患者さんの中にも関節痛で悩んでいる方々は多くいらっしゃいますから、こうしてグルコサミンを摂ることができるというのは、とても助かることかと思います。

しかし、グルコサミンと糖尿病の関係には、血糖値が上がること以上に危険なことがあるのです。それは「インスリン」の働きの悪化です。

糖尿病によって上がる血糖値は、インスリンによってコントロールされていますから、このインスリンの働きが悪化してしまうと、今まではインスリンでコントロールできていた血糖値も、グルコサミンを摂ったことで上がってしまう場合があります。

このような危険が考えられるため、グルコサミンを摂取したいという場合は、例え問題はない状態だとしても必ず医師に相談しましょう。決して勝手にグルコサミンに手を出さないようにしてください。

また、糖尿病以外にグルコサミンを摂取することで体に悪影響が及ぶことが考えられる場合は、アレルギー症状がある場合になります。

一般的なグルコサミンのサプリメントは、カニやエビなどの甲殻類から取れるグルコサミンが主成分となっています。つまり、甲殻アレルギーである場合は、グルコサミンのサプリメントを摂ったことでアレルギー症状が現われてしまう恐れがあるのです。

本来であれば関節痛に高い効果を発揮する安全な成分であることが特徴的なグルコサミンですが、糖尿病や甲殻アレルギーといった症状がある場合は全くの逆効果になってしまいます。

このように、グルコサミンは健康に良い成分ですが、場合によっては危険が及ぶことがあります。糖尿病や甲殻アレルギーを抱えている皆さんは、グルコサミンの使用を避けるか、医師によく相談してOKをもらうまで使用しないようにしてください。

また、過剰摂取による副作用にも十分に注意しておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加