グルコサミン 食品

食べ物からも摂れるグルコサミン、グルコサミンが含まれている食品

最近ではサプリメントからグルコサミンを摂る方々が増えてきていますが、グルコサミンは普段の食事から摂ることもできます。ここではグルコサミンが含まれている食品について詳しく紹介していきましょう。

グルコサミンが含まれている食品の多くは、健康に良いとされている食品なので、普段から健康を意識して食事を摂っている皆さんはもう既に口にしている方々もいらっしゃるかもしれません。

まず、グルコサミンが多く含まれている食品の代表的なものとしては、動物の「軟骨」が挙げられます。私たちがグルコサミンを摂る理由は、軟骨の擦り減りによる関節の痛みを改善するためです。

そこで軟骨を食べることによって、天然のグルコサミンを摂取するというわけです。サプリメントから摂るグルコサミンも勿論効果がありますが、豚や牛、鶏などの軟骨から直接グルコサミンを摂ることで、より関節痛の痛みを改善する効果があるのです。

軟骨はコリコリとした食感なので苦手だという方々もいらっしゃるかもしれませんが、軟骨が好き!という方々はぜひ軟骨を食べる機会を増やしてみてください。軟骨にはコラーゲンもたっぷり含まれているので、肌にも良い効果がありますよ。

次に挙げられる食品には「山芋」があります。山芋には植物性のグルコサミンが含まれていることが特徴です。グルコサミンのサプリメントでは、植物性のグルコサミンを摂ることはなかなかできないため、こうして食品から直接摂ることがおすすめです。

ほとんどのグルコサミンのサプリメントに使われているグルコサミンは、カニやエビなど甲殻類が由来のグルコサミンなので、甲殻アレルギーの方々は摂ることができません。

せっかくのグルコサミンでもアレルギー症状が出てしまっては元も子もありませんから、甲殻アレルギーでグルコサミンのサプリメントを摂ることができない皆さんは、山芋から植物性のグルコサミンを摂取してみましょう。

山芋の他にも、オクラなどネバネバした食品にグルコサミンは多く含まれています。また、グルコサミンだけではなく、コンドロイチンも多く含まれているため、まさに関節痛の改善にもってこいの食品となっています。

この他、グルコサミンが含まれている食品には、干しエビやウナギ、ふかひれなどが挙げられます。ウナギやふかひれなどはあまり食べる機会が多い食品ではありませんが、干しえびなどは気軽に食べられるものなので、皆さんも是非試してみてください。

このように、グルコサミンは様々な食品から摂ることもできます。サプリメントで摂ることが当たり前になりつつあるグルコサミンですが、元々は私たちの体内にもある天然の成分です。

グルコサミンが含まれた食品を摂ることで、関節痛だけではなく様々な症状に良い効果をもたらしてくれますよ。普段はサプリメントでグルコサミンを摂っている皆さんも、これを機会に食品からグルコサミンを摂る習慣をつけてみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加