n-アセチルグルコサミン

天然のグルコサミン「n-アセチルグルコサミン」の特徴的な効果とは

関節痛に効果があるとして有名なグルコサミン。最近ではサプリメントなどで摂ることも増えてきたので、グルコサミンと関わる機会も増えてきていることかと思いますが、皆さんは「n-アセチルグルコサミン」をご存じですか?

“”グルコサミン””と入っているのだから、グルコサミンと同じじゃないの?と思われる方々がほとんどかもしれませんね。しかしグルコサミンとn-アセチルグルコサミンには違った特徴があるのです。

ここではn-アセチルグルコサミンの特徴的な効果を中心に紹介していきましょう。

グルコサミンはアミノ酸の一種ですが、n-アセチルグルコサミンもまたアミノ酸の仲間です。ただしn-アセチルグルコサミンは「天然アミノ酸」であることが特徴的です。天然、というくらいですので、自然界にも存在している成分なのです。

例として挙げてみると、カニやエビなど甲殻類の甲羅にある成分である「キチン」は、このn-アセチルグルコサミンが元となっています。n-アセチルグルコサミンと共にカルシウムなどが連なって鎖状になり、甲羅を作り出しているのです。

また、n-アセチルグルコサミンは、私たちの肌の潤いを保つ成分である「ヒアルロン酸」や、グルコサミン同様に関節痛に効果がある成分「コンドロイチン」を作り出す元ともなっています。

ヒアルロン酸は肌にも良いですが、関節痛の原因である軟骨の擦り減りにも効果があります。だったらヒアルロン酸を摂ればいいのでは?と思われるかもしれませんが、ヒアルロン酸は体内に摂取した後、n-アセチルグルコサミンへと変換されていきます。

ヒアルロン酸はn-アセチルグルコサミンに比べて吸収されるまでに時間がかかってしまうので、直接n-アセチルグルコサミンを摂ることで、できるだけ早く関節痛を改善していくことができるのです。

では、n-アセチルグルコサミンの効果と通常のグルコサミンの効果にはどのような違いがあるのでしょうか?グルコサミンは私たちの体内に元からある成分ですが、実はn-アセチルグルコサミンの方が体内にあるグルコサミンに近い成分となっています。

n-アセチルグルコサミンは天然アミノ酸で、グルコサミンの元ともなっていることから、直接n-アセチルグルコサミンを摂った方が体内に元からある本来のグルコサミンの働きをしてくれるというわけです。

勿論、グルコサミンを摂っても体内には良い変化をもたらしますが、摂取されたグルコサミンは体内でn-アセチルグルコサミンに変換されることになるので、最初からn-アセチルグルコサミンを摂ってしまった方が効率が良いのです。

n-アセチルグルコサミンは摂取された成分のまま、関節痛の原因である軟骨の擦り減りを改善していき、また肌の保湿力を上げる役割も果たします。

グルコサミンに比べてスムーズに吸収されていくので、n-アセチルグルコサミンを摂る方が症状により良い効果をもたらしてくれますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加