グルコサミン 効能

つらい関節痛に絶大な効果!グルコサミンの効能のヒミツ

人は年齢と共に膝や肘の関節痛に悩まされていきます。歩くだけで痛みが走る、階段を上り下りするのがつらい、重いものを持ち上げられない・・といったように、関節痛は日常生活にも大きな影響を及ぼしています。

このようなつらい関節痛が起こってしまうのは、関節部にある軟骨の擦り減りが原因となっています。年齢と共に軟骨が擦り減り、さらにその関節を動かすことによって痛みが現われてしまうのです。

では、このつらい関節痛をどうにか改善することはできないのでしょうか?関節痛に悩まされている方々はとても多く、改善したいと思っている方々も大勢いらっしゃいます。

そんな皆さんにグルコサミンが大きな助けとなってくれるのです。ここでは関節痛に絶大な効果を発揮するグルコサミンの効能について見ていきましょう。

グルコサミンは関節痛に効果がある、ということは皆さんもよく耳にしているかもしれませんが、グルコサミンの効能についてはあまり詳しく知られていません。

皆さんは「関節痛に効果があるから摂る」といったような、ただ漠然とした理由でグルコサミンを摂ろうと思っていませんか?

効果があるから摂る、という理由も勿論間違ってはいませんが、「グルコサミンのどのような効能が関節痛に効くのか?」といったことまで知っておくと、グルコサミンを摂る意味合いは大きく変わってきます。

では、ここからはグルコサミンの効能について紹介していきたいと思います。

グルコサミンは軟骨の主成分である「プロテオグリカン」を形成する働きを持っていることから、関節痛に効果があるとされています。プロテオグリカンを形成することで擦り減った軟骨が再生し、関節痛も和らいでいくというわけです。

プロテオグリカンという成分はあまり聞き慣れないかもしれませんが、プロテオグリカンは美容にも良い成分なので、最近ではプロテオグリカンが配合された美容液なども販売されるようになりました。

また、プロテオグリカンと同様に美容効果が高い成分に「コラーゲン」がありますが、このコラーゲンもプロテオグリカンと共に軟骨の主成分となっています。そしてこの2つの成分に水分が加わることで、健康な軟骨が作り出されるのです。

このように、グルコサミンは軟骨の主成分を作り出すために欠かせない働きをしています。グルコサミンの効能のヒミツは、軟骨に直接働きかけているということですね。

意外に知られていないプロテオグリカンのヒミツについても、グルコサミンの効能と一緒に覚えておきましょう。

ちなみに「コンドロイチン」という成分も、グルコサミンと同じく軟骨の形成に関わっています。プロテオグリカンに水分を送り込む働きをしているので、グルコサミンとコンドロイチンによって擦り減った軟骨が再生するといっても過言ではありません。

サプリなどからグルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂ることをおすすめします。


このエントリーをはてなブックマークに追加