グルコサミン コラーゲン

年齢を感じたら…グルコサミンとコラーゲンで若々しい体づくりを

年齢を重ねると関節の痛みがひどくなったり、肌の潤いがなくなってきたり、若い頃に比べて体や肌の調子が悪くなったように感じてしまいますよね。このような年齢による悩みに対してとても心強いのが、グルコサミンです。

グルコサミンは関節痛の原因である軟骨の擦り減りを再生し、年齢による体の衰えを改善してくれる成分です。私たちは年齢と共に足腰を中心に衰えてくるものですが、グルコサミンを摂取することで体の衰えを抑制させることができるのです。

グルコサミンは体内で「n-アセチルグルコサミン」に変化し、軟骨を形成するために必要な「プロテオグリカン」を作り出します。

軟骨の主成分の一つはこのプロテオグリカンという成分なので、グルコサミンを摂取することによって軟骨を再生させていくことができるのです。

しかし、グルコサミンの力だけでは、健康な軟骨を再生することができません。グルコサミンと共に働きかける「コンドロイチン」、そして「コラーゲン」も必要な成分となっています。

まずコンドロイチンですが、グルコサミンと同様によく耳にする成分ですので、皆さんの中にはご存じの方々も多いかと思います。でもコンドロイチンの効能というものはあまりよく知られていないということも現状です。

コンドロイチンは、グルコサミンと同じく関節痛を和らげる効果のある成分ですが、グルコサミンとは働きが全く違っているんですね。

グルコサミンはプロテオグリカンを形成する働きがありますが、コンドロイチンはプロテオグリカンに水分を送り込む働きをしています。

プロテオグリカンは軟骨の主成分の一つと先ほど説明しましたが、実は水分も軟骨にとっては必要不可欠なものなんですね。そのため、プロテオグリカンに水分を送り込む働きをするコンドロイチンも、軟骨を再生するために必要というわけです。

そして軟骨を形成している主成分にはもう一つあります。それがコラーゲンです。コラーゲンと聞くとやはり美肌の維持など、肌のハリやツヤを取り戻すために必要な成分と思う方々がほとんどかと思います。

これは間違いではないのですが、コラーゲンが効果を発揮するのは肌だけではないのです。軟骨はプロテオグリカン、水分、そしてコラーゲンによって形成されているので、コラーゲンを摂ることで肌だけではなく軟骨も若々しくなれるのです。

このように、年齢と共に擦り減っていく軟骨は、グルコサミンやコラーゲンを摂ることで徐々に改善していくことができます。

グルコサミンもコラーゲンも食事から摂ることはできますし、特にコラーゲンなどはコラーゲンスープなど天然のコラーゲンを摂ることがおすすめですね。肌もプルプルになりますし、関節痛も癒すことができます。

また、グルコサミンのサプリメントにはコラーゲンが含まれているものもとても多くありますので、皆さんも年齢を感じたらグルコサミンとコラーゲンを摂ってみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加