グルコサミン コンドロイチン

いま話題の成分・グルコサミン、コンドロイチンとの相乗効果

最近、テレビや雑誌等でも何かと話題に上ることが多い「グルコサミン」。そしてグルコサミンと併せるようにして「コンドロイチン」という成分もまた話題となっていますよね。

グルコサミンとコンドロイチン、この二つの成分には一体どんな効果があるのでしょうか?ここではグルコサミンとコンドロイチンの相乗効果について紹介していきましょう。

まずグルコサミンですが、グルコサミンはアミノ酸の一種です。アミノ酸ですから、私たちの体内にもある成分です。だったらわざわざグルコサミンを摂る必要はないのでは?と、思われるかもしれませんね。

しかし、グルコサミンは年齢と共に減少していってしまう成分なのです。グルコサミンが減少すると、膝や肘の関節痛や細胞の基礎代謝が下がってしまう原因になるなど、私たちの体に様々な影響が及ぼされます。

グルコサミンは「プロテオグリカン」という軟骨や靭帯などの主成分であるとても大切な成分を作り出しているため、グルコサミンが減少すると関節の軟骨が擦り減り、関節痛を発生させてしまうのです。

では、このグルコサミンとコンドロイチンにはどんな関係があるのでしょうか?コンドロイチンもグルコサミンと同様、体内必要な成分で、軟骨や靭帯に存在していますが、グルコサミンとは全く違った働きをしていることが特徴的です。

グルコサミンは関節部にある軟骨や靭帯の主成分であるプロテオグリカンを形成していますが、コンドロイチンはその主成分であるプロテオグリカンに水分を送り込む性質を持っています。

軟骨はプロテオグリカン、水分、コラーゲンといった成分で形成されているため、水分を送り込むコンドロイチンもグルコサミンと同様に軟骨を作り出すために必要な成分なのです。

さらにコンドロイチンは軟骨を分解してしまう酵素の働きを抑制する効果もあり、年齢を重ねても軟骨が擦り減ってしまうのを防ぐ働きもしています。

つまりコンドロイチンは、グルコサミンの働きを支える機能を持っているということなのです。グルコサミンと併せてコンドロイチンも摂ることで、より症状を良い状態に改善していくことができるんですね。

単体でも効果を発揮するグルコサミンですが、コンドロイチンとタッグを組むことで、関節痛に対して相乗効果を生み出すことができるのです。

このような相乗効果を生み出すグルコサミンとコンドロイチンは、元々私たちの体内にある成分で、普段の食事からも摂ることができます。

しかし、やはり食事だけでは十分な量のグルコサミンとコンドロイチンは摂れないとされています。そこでおすすめなのがサプリメントです。

サプリメントとは成分を濃縮した錠剤やカプセルのことです。飲むだけで簡単にグルコサミンとコンドロイチンを摂ることができますから、皆さんも是非サプリメントをお試しください。グルコサミンとコンドロイチンで、健康な体を手に入れましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加