グルコサミン 副作用

気になるグルコサミンの副作用、グルコサミン摂取時に注意すること

関節痛の改善を初め、美肌の維持などにも効果があるとされている「グルコサミン」。健康に良い成分ですから、摂取時の注意などはないように思われますが、場合によっては注意が必要になります。

ここではグルコサミンを摂るときに注意することとして、グルコサミンの副作用について見ていきましょう。

グルコサミンって副作用があるの?とびっくりされた方々も多いかもしれません。勿論、グルコサミンは正常に摂取すれば問題のない成分なのですが、1日の摂取量というものが決められているため、摂取量を超えてしまうと副作用が起きてしまう危険性があるのです。

グルコサミン1日の摂取量は1000mg01500mgが目安となっていますので、1500mg以上摂取してしまうと、胃痛や腹痛などの副作用が起きる場合があります。

といっても、摂取量をオーバーしたからといって必ず副作用が起きるというわけではありません。その時の体調や体質なども関係しているので、摂取しすぎてしまっても副作用が起きないという人もいます。

グルコサミンの副作用は胃痛や腹痛の他、便秘、下痢、吐き気、胸焼けなどの症状が起こりますが、摂りすぎたからといって絶対に副作用が起きるわけではないので、その点はよく理解しておきましょう。

ただし、こうした副作用が起きる恐れがあることは現状としてあるわけですから、グルコサミンを摂取するときには1日の摂取目安量を上回らないように注意しておきましょう。

グルコサミンは食事からも摂ることができますから、特に意識をしていなくてもグルコサミンを摂っている可能性があります。なので、グルコサミンをサプリメントで補うときには「1回○錠」といったを注意書きを必ず守るようにしてください。

グルコサミンのサプリメントは非常に様々な種類がありますが、それぞれで服用量は異なっています。1回1錠だけで良いものもあれば2錠飲まなければならない場合もありますから、サプリメントの注意書きをよく読んでから摂取するようにしましょう。

また、甲殻アレルギーなどのアレルギーを持っている場合もグルコサミンの摂取には注意が必要になります。グルコサミンは元々「n-アセチルグルコサミン」と呼ばれる成分で、私たちの体内にあるものです。

そしてこのn-アセチルグルコサミンは、カニやエビなどの甲殻類の甲羅部分の主成分である「キチン」を形成している成分でもあります。そのため、グルコサミンを摂取することで甲殻アレルギーと同様の症状が現れてしまう場合があります。

副作用とはまた違った症状ですが、甲殻アレルギーがある場合はグルコサミンの摂取を避けるようにしましょう。

その他、糖尿病を患っている方々も注意が必要です。グルコサミンを摂取したことによって糖尿病が悪化してしまった事例がありますので、グルコサミンの摂取を考えている方々で糖尿病を患っているという場合はお医者さんに相談してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加